川口市内保護者の有志が2週間で8,309名の署名を子どもたちの為に集めました。

今川口市では、秋の新人戦の為に一生懸命頑張っている中学校2年生がコロナ禍の為大会の中止を教育委員会から言い渡され大問題になっています。
市内保護者の有志が2週間で8,309名の署名を子どもたちの為に集めました。
凄いエネルギーです。
頭が下がります。
川口青嵐会ではこの方々達の志に感動して茂呂教育長にその署名を渡して新人戦を行うように再考を求めてきました。
隣のさいたま市やその他の市はやる方向でいるのになぜ早々と川口市だけが中止の決定をしたのかが納得の行かない事だと言うことです。
子どもたちの成長を損ねる事と不利益にならないようこれからも頑張って再考を川口市教育委員会には促していかなければならないと思っています。
議会でも質問に立ちます。
皆さん応援してあげてください。
今後の教育委員会の対応如何によっては事が大きくなる可能性があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。