川口市議会定例会

5月から何かと忙しい毎日で充実しておりました。
議会では慣れないことばかりで勉強しています。

さて、いよいよ6月の定例議会が始まりますが、初めての定例議会で早速質問する機会をいただきました。
有難い限りです。
これも神様の啓示だと思います。
しっかりやらさせていただきます。

質問の内容はいま必死に作成中ですが私が選挙中に訴えていたこと子育ては福祉の分野に入りますが、学校教育としっかり連携してさらに社会教育と連携して社会が一人の子どもを皆で育てていこうという提案をします。

それと、高等学校教育川口の新市立高校の設立に当たっての質問と母校川口工業高校の生徒募集について。
物づくりの町川口を中心的に担ってきたのは我母校の卒業生です。
素晴らしい先輩たちを輩出してきました。
今後も産業の町物づくりの町を担っていくのは川口工業高校の後輩達が担っていけるように、もう一度しっかりと母校を立て直していかなければなりません。
それには、物づけりを担う人材を育成していかなければ、将来の物づくりの町川口は見えてきません。
そのために、やる気のある物づくりに興味のある人材を送り込めるように質問します。

さらに将来の川口を担うのは青少年です。
青少年育成のための施策を問います。

6月19日(金)のオオトリです。
概ね午後一番になると思います。
お時間があれば傍聴においでください。

それでは久しぶりのメルマガ失礼いたしました。
なるべく多く発信できるようにいたします。

ごめんなさい。

坂本 だいすけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です