川口に 「青嵐」 を

あなたも 「青嵐」 に

  • HOME »
  • あなたも 「青嵐」 に

あなたも「坂本だいすけ」と共に「川口」に青嵐を吹き込みましょう!

「坂本だいすけ」後援会
山下紘一会長あいさつ

img20160108_002

青春・爆発・元気

山神こと山下紘一
坂本だいすけ議員の後援会長になりました。

「人の心を救うのは、人の言葉の温もり」(さだまさし)

言葉を大事に坂本議員を100%支持・支援していきましょう!

 

b0aec922-68b5-4267-8078-ce19ab595607

山下紘一

 

「坂本だいすけ」後援会
佐藤誠造顧問あいさつ

私は、40年間、教職関係の仕事をしてきた中で、多くの出会いがありました。そうした中で、一番印象に残り、忘れられないのが坂本だいすけ先生です。
教職員時代は社会科、道徳、特活、野球部顧問として、教育委員会の指導主事時代は教科指導は元より、生徒指導の責任者として、学校の管理職時代は学校経営の基本となる地域、保護者、生徒との連携を密にして等、それぞれの立場を立派にやり遂げてきました。
ボランティア活動、運動面、文化面等においても力を発揮され、その手腕は川口市内は勿論、埼玉県下に名を馳せています。
自ら率先垂範を心掛け、他の模範となる行動で、多くの人達の信頼を得てきました。
義理人情にも厚く、絶対に人を裏切らない所にも大きな魅力を感じています。
川口をより良くしたい、そのための努力を惜しまない、その熱意と手腕を必ず発揮してくれると信じています。
皆様も一緒に熱い応援を宜しくお願い致します。

IMG_66081

佐藤誠造

 

青嵐を起こせ!
「新たな教育改革で良い街、川口へ」

坂本だいすけ先輩は自分の4学年年上、共に川口工高野球部で恩師故大脇監督に心身を鍛えられました。
野球技術は勿論ですが精神的な部分で「ひょうたん精神」を叩き込まれたことが現在に生かされます。
ひょうたん精神とは・・・「みたくれは悪いが腹を太く口を小さく利け」その容姿から緩める所は緩める(遊ぶ時は遊べ)締める所は締める(やる時はやる)エリートでなく不器用な人間でも一生懸命やれば1人前になれる!
メリハリをつけた人生を歩むことが大切だと教わり今でも感謝しています。
坂本だいすけ先輩の教育はこの「ひょうたん精神」が基礎となって様々な困難を乗り越え実績を積み上げられました。
メリハリを利かせ分かり易くぶれない教育!
子供、親に対して正面から問題に対処する!
これらが信頼関係を築き高い評価が得られていると思います。
近未来の川口を変えることを期待し、応援していきます!
皆様も一緒に「坂本だいすけ」を応援していきましょう。

image

川口工高野球部OB会長
壮年軟式野球全川口野球倶楽部所属 鈴木謙次

 

こんにちは!
M3B41(川口工高機械科3年B組昭和41年卒OB会)代表の原田英夫です。
去年6月、川口工高同窓会総会の席上、坂本氏のスピーチでは
「私はこの町川口が好きです」「子供は郷土の宝です」
との言葉がありました。
私のいたテーブルでは、普段リップサービスなどしないような仲間たちが、これを聞いて「彼は経験、知識、行動、夢と希望がある。それに彼には若さがある」「坂本を応援するヨ、原田」と言ってくれました。
私が40数年野球を通じて”だいすけ”と付き合ってきて
良かったと感じた一瞬でした。
皆様も一緒に「坂本だいすけ」を応援していきましょう!
thCABHYRFQ
川口工高機械科 昭和41年卒OB会 原田英夫

 

皆様も是非「坂本だいすけ」後援会にご加入していただき、一緒に「坂本だいすけ」を応援していきましょう。
「坂本だいすけ」後援会にご加入の希望の方は下記のフォームにお名前・メールアドレス・お電話番号・応援メッセージをご記入の上送信して下さい。

「坂本だいすけ」後援会入会希望

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

題目

「坂本だいすけ」へ熱い応援メッセージをお願いします

教育相談等お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 048-212-3406 受付時間 9:00-18:00 (土日祝日は除く)

無所属 川口市議会議員 「坂本だいすけ」です。

ごあいさつ

無所属 川口市議会議員「坂本だいすけ」です! 「青嵐」 とは5月に山から吹き降ろす風という意味です。 「川口に青嵐を呼び込む」 という熱い志をのせています!

アーカイブ

「坂本だいすけ」Facebook

川口市役所

川口市議会

PAGETOP
Copyright © 青嵐「坂本だいすけ」 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.