平成の御代が今日で終わろうとしています。
今上陛下は激動の昭和を生き抜かれ身をもって平和の尊さを享受され、父君の昭和天皇のご意思を守り平和な世の中を常に念頭に置かれその行動と言動は終始一貫しておられました。
また、国民の苦難に寄り添いそのお優しさは多くの国民の敬愛する天皇となられたのであります。

平成の御代は一度たりとも戦争はありませんでした。
正に平和が成るであったわけです。
ここに心から素晴らしい大君に感謝と尊崇の念を申し上げます。

明日から令和の御代に入ります。
我が国を取り巻く状況は決して安心して平和を語れる状況とは言い難いものがあります。
北朝鮮、そして韓国、ロシアの国々は我が日本に脅威を与えています。
引き続き令和の御代が平和であらん事を祈ります。
そして令和を生きる我々国民は新天皇をを敬愛し共に平和を希求して行こうではありませんか。
皇后となられる雅子妃殿下におかれましてはどうぞお体にご留意なされ新天皇のお力添えになられん事を。

坂本だいすけ

坂本だいすけの志