北海道北広島市に来ています。

こんばんは。
北海道北広島市に来ています。

地元では来春から北海道日本ハムファイターズが新スタジアムが完成しプロ野球開幕を待つ話題でもちきりです。
写真は現在スタジアム工事が急ピッチですすめらているようすです。

実は北広島市では、小中学校一貫教育が先進的にすすめらている自治体でその行政視察に来ています。
北広島市市役所にて実践状況を聞いて参りました。
人口約60000人で小学校9校中学校7校で、平成30年から小中学校一貫教育をスタートさせ今年で5年目だそうです。
中学校区を5地区に分け進めています。
地区毎に教科では小中学校の系統表を作成して小中9年間を見通した教科指導を進めています。
合同授業では道徳や可能な教科等小中学生が一緒の教材を学び成果を上げています。
これらの実践により、小学生が中学生になる時の戸惑い、いわゆる中1ギャップの解消につながり、中学生が年下の小学生と一緒に学ぶ事により自己肯定感が培われて来たということです。
このよう小中学校一貫教育の実践は確かに有効ですが小中学校の行き来の距離が遠かったり先生方同士の打ち合わせの時間の確保など課題も多くあるとのことです。
実践の中で児童生徒の成長と教職員の力量の向上が挙げられるとのことでした。
川口市でも小中学校連携教育はすすめられていますが、参考にできるところは大いに学ぶべきであると思いました。

明日は札幌市で学びます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。