川口に 「青嵐」 を

川口に 「青嵐」 を

  • HOME »
  • 川口に 「青嵐」 を

image

・教育の町 《かわぐち》
(子どもは郷土の宝)

文教都市というと埼玉県では旧浦和市(現在のさいたま市)がいわれておりますが、私は川口こそ文教都市にしたいと思います。
学力・体力・道徳心このいづれも優れた子供たちを育てる教育の町《かわぐち》に学力向上・落ちこぼれ防止・発達障害児への理解と指導・いじめの絶無・不登校対策・体力向上対策・道徳教育の充実を教育の先頭に立っているのは現場の先生方です。
川口には良い先生が沢山います。
先生方が元気でなければ元気な子どもたちは育ちません。
先生方を応援しましょう。
川口市民は先生方を大切に、信頼する気風を培っていきましょう。
勿論市民の期待を担う先生方はその期待に応える努力をしていくのは当然です。
市立三校の統合により新しい市立高校は教育の町《かわぐち》、スポーツの町《かわぐち》、芸術の町《かわぐち》の人材育成の拠点となるような学校作りをすすめていきましょう。

・産業の町 《かわぐち》

 第一次産業の農業
川口の農産物では「ぼうふう」の生産が有名ですが、さらに川口の農業を発展させるために新たな農産物の開発を目指してはどうか。
例えば花の品種改良を行い川口ならではの花をつくり全国に発信できないか。
安行の植木、庭師などの芸術的技術は産業として発展させていくことは勿論、その技術を学校などで子ども達に紹介し、その興味関心を後の人材育成に繋げていけないか。
世界に冠たるこの芸術的技術は川口のすばらしい文化と言える。
 第二次産業の工業
物作りの町川口特に鋳物、機械での技術は我が国では勿論世界に冠たるものがある。
職人さんや中小企業の技術を全国にアピールするには行政の手助けが必要です。
川口に根ざしている多くの芸術的技術者を賞揚し、育成して、さらに物作りの町川口を発展させたい。
川口工業高校を物作り人材育成の拠点としていく。
 第三次産業の商業
日もちのする川口名物の食べ物を研究開発する。行政の手助けを得て、開発コンクールを開催してその腕を競い、その商品を川口市上げて宣伝し、全国へ発信して商業の活性化の一助とする。

・スポーツの町 《かわぐち》

少年野球、少年サッカー、ミニバスケットボールなど少年少女のスポーツ団体をさらに活発にしていき、スポーツの底辺を拡げていく。
さらに青年層、壮年層、高齢者層それぞれがスポーツに積極的に親しめる環境作りをし《健康かわぐち》をアピールする。
市民がこぞって応援できるプロスポーツ団体を招致して、《スポーツかわぐち》の名をさらに広めていく。
そのためにスポーツ施設の充実を図っていく。

・芸術の町 《かわぐち》

幼少児、若年層、青年層、壮年層、高齢者層などが芸術に親しみ、市民が心豊かな生活が送れるようにする。
底辺を拡げ優れた人材には、積極的に賞揚し支援を行う。アトリアやリリアの開放活用、キュポラ広場を大道芸や演芸、音楽バンドなど積極的に市民に開放して、市民に芸術への理解を深めさせ芸術家の育成を併せてすすめていく。

・高齢者対策 《かわぐち》

今、建築業界や飲食業界などで人手不足が大きな問題となっている。
実は介護における人材も不足の事態が生じてきている。
このままでいくと高齢者介護が行き届かなくなり高齢者に必要な介護ができなくなる介護難民が出てくることが予想されている。
この高齢者対策の課題を早急にすすめていく。

「坂本だいすけ」の市政報告はこちらから

 

坂本だいすけ川口市議会議員選挙出陣式(2015年4月19日)

坂本だいすけ第6回講演会(2015年4月11日)

坂本だいすけ決起大会(2015年3月15日)

坂本だいすけ第4回講演会(2015年2月16日)

 

教育相談等お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 048-212-3406 受付時間 9:00-18:00 (土日祝日は除く)

無所属 川口市議会議員 「坂本だいすけ」です。

ごあいさつ

無所属 川口市議会議員「坂本だいすけ」です! 「青嵐」 とは5月に山から吹き降ろす風という意味です。 「川口に青嵐を呼び込む」 という熱い志をのせています!

アーカイブ

「坂本だいすけ」Facebook

川口市役所

川口市議会

PAGETOP
Copyright © 青嵐「坂本だいすけ」 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.